So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

<鳩山首相>普天間移設「5月末までに結論」を強調(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は25日朝、沖縄県名護市長選の結果が米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設問題に与える影響に関し、「ゼロベースで国が責任を持って5月末までに結論を出すとしているから、そのことは必ず履行する」と述べ、結果を踏まえて5月末までに結論を出す姿勢を強調した。首相公邸前で記者団に語った。同市長選では県外移設を掲げる新人の稲嶺進氏が当選した。

 首相は選挙結果を「名護市民の一つの民意の表れだ」としたが、移設問題では「平野(博文)官房長官を中心に、普天間移設に関する検討委員会を作った。今、精力的に活動いただいている」と語るにとどめた。

 北沢俊美防衛相は同日午前、国会内で記者団に「極めて慎重に受け止めないといけない。沖縄全体での県外、国外という気持ちの高まりが影響した結果という気がする」と語った。前原誠司沖縄担当相は24日夜、「市長選は市政全般を問う選挙で、移設の是非だけを問う住民投票ではない」とコメントした。【小山由宇】

【関連ニュース】
鳩山首相:参院選にらみ地方行脚開始 栃木で農園など視察
自民党:資金提供問題で鳩山邦夫氏聴取を検討へ
通常国会:菅氏、論戦で存在感…首相への質問も答弁
鳩山首相:「起訴されないこと望む」発言を撤回
鳩山首相:「石川議員が起訴されないことを望む」

「オケひな」でウィーンフィル歓迎=埼玉県川口市〔地域〕(時事通信)
<将棋>1日目から激戦、羽生封じる 王将戦第2局(毎日新聞)
<平川市長選>元市議会議長の大川喜代治氏が初当選(毎日新聞)
首相、「闘って」発言撤回せず=2次補正が審議入り−参院予算委(時事通信)
下北半島のニホンザル公開へ=食害で捕獲、むつ市が譲渡−上野動物園(時事通信)

<天引き年金>未納扱い1万4千件訂正 着服や手続きミス(毎日新聞)

 企業が従業員らから厚生年金保険料を天引きしたのに、着服や手続きミスで納められず、従業員らの記録が訂正されたケースが07年6月〜09年9月末、1万4124件にのぼることが厚生労働省の調査でわかった。保険料額は計9億399万円に達した。

 保険料を引かれながら記録上の加入期間が実際より短い「消された年金」被害を救済する「厚生年金納付特例法」(07年12月成立)の実施状況としてまとめた。

 同法では、こうしたケースについて国が当時の事業主や役員らに保険料納付を求め、事業主らは保険料の時効(2年)をさかのぼって支払う。半年を目安に支払われなければ、企業名や役員名を公表する場合もある。期間中に納付するよう求めたのは8563件、実際に納付したのは5437件(計4億2535万円)。事業主らが氏名などを公表されたケースは67件だった。【野倉恵】

【関連ニュース】
社保庁:複数の元幹部「宙に浮いた年金」発覚前から認識
ねんきん特別便:「訂正あり」、90万件の記録確認できず
雇用:各党が政権公約に
企業年金
年金問題:宙に浮いた年金、発覚以前「知っていた」 旧社保庁、複数の元幹部が認識

首相動静(1月19日)(時事通信)
<新聞検閲>占領下の実態「証言」呼びかけ…早大メディア研(毎日新聞)
「ニューロタン」など主要製品の共同販促へ―万有とシェリング(医療介護CBニュース)
<長崎漁船沈没>救命胴衣290キロ漂流 鹿児島沖で発見(毎日新聞)
「おとうと」がクロージング作品に=ベルリン映画祭(時事通信)

DV 「防止法拡充を」被害者が福島担当相に要望(毎日新聞)

 DV(ドメスティックバイオレンス=配偶者間暴力)の被害者が22日、東京の衆院議員会館で、国会議員らに01年10月施行のDV防止法を改正するよう訴えた。福島瑞穂男女共同参画担当相や千葉景子法相も国会の合間に出席予定。この問題で担当閣僚が被害者から直接意見を聴くのは異例という。DV防止法には裁判所が加害者に出す接近禁止などの保護命令規定が盛り込まれたが、命令期間終了後に加害者が家に何度も押しかけるケースが相次いでおり、被害者は保護命令の拡充などを求めた。

 DV被害で離婚後、長男諒(りょう)君(当時15歳)を元夫(45)に刺殺された川本弥生さん(47)がこの日午前、支援者らとともに超党派の国会議員の会合に出席。DV防止法に明記されていた3年ごとの法律見直しの規定が2度目の改正(08年1月施行)でなくなり、「現行法では被害者を守る手だてはまだ不十分」などと訴えた。

 DV防止法には交際中の相手からの「デートDV」が法の規制対象外となっているなどの問題点もあり、来年初めの法改正を目指し、内閣府や法務省などに働きかけていくという。【酒井雅浩】

【関連ニュース】
再生のとき:/5 DV元夫に長男殺された母娘 生きた証し残す
こげなことしとります:福岡グループインフォ 福岡犯罪被害者支援センター /福岡
阿波ひと物語:ニュースレター創刊 編集した河野南代子さん /徳島
県警:今年初の署長会議 最重点に暴力団対策 /福岡
連続講座:DV被害者の支援者養成 心的ストレスの対処法など解説−−福井 /福井

政教分離訴訟 「市有地に無償で神社」は違憲 最高裁(毎日新聞)
重野幹事長の続投決定=国対委員長は先送り−社民党大会(時事通信)
千葉の光洋会が民再法の適用申請、双樹会に連鎖(医療介護CBニュース)
真冬の神戸港、飛び込み救助…巡査長お手柄(読売新聞)
<総務省>58事業に改善勧告…雇用保険料の08年度運用分(毎日新聞)

認知症の人を受け入れ、尊重するケアを(医療介護CBニュース)

 認知症介護研究・研修大府センターは1月23日、「認知症ケア現場に活かすパーソン・センタード・ケア」と題して都内で講演会を開いた。認知症の人に対する「パーソン・センタード・ケア」の考え方や方法について、ロールプレイを交えた説明があり、会場を訪れた介護従事者など約250人が耳を傾けた。

 講演会では、新人のケアスタッフが先輩の指示に基づき、認知症の人をトイレに案内する場面を想定したロールプレイが行われた。悪いケアの例として、▽認知症の人の頭越しに先輩スタッフが新人に指示をする▽認知症の人の名前に「ちゃん」を付けて呼ぶ▽どこへ連れて行くのか本人に告げず、急に車いすを動かす―といった寸劇が上演された。

 NPO法人「その人を中心とした認知症ケアを考える会」の村田康子代表が、これらの場面を解説し、認知症の人を無視したり、怖がらせたり、後回しにしたりすることを、本人の価値や尊厳を傷付ける「悪性の社会心理」に当たると説明。ケアスタッフがこうした行動を取るのは、認知症の人は「何も分からず、問題が多い」「(健常者と)隔たりがある」などといった認識があるためだと訴えた。
 村田氏は、認知症の人を理解する上では、本人の言葉や行動が最良の情報源になると指摘。一方で、「悪性の社会心理」によって「ないがしろにされている」という不安を抱き、認知症の人が言葉を出さなくなると、ケアをする側が認知症の人の感情や考えを理解できなくなり、「良いケアをするためのアイデアの出しようがなくなる」と強調した。

 「いまいせ心療センター」(愛知県一宮市)の水野裕診療部長は、認知症の人が周囲や社会とかかわりを持ち、人として受け入れられ、尊重されていると本人が実感できるよう、本人やケア提供者らが共に行う「パーソン・センタード・ケア」の重要性を強調。こうしたケアを実現するには、▽本人を輪から外さない▽客観的な事実だけにとらわれない▽ケアをする側が、笑顔で良い状態にある―ことなどが重要と訴えた。
 また、ケアを行う施設と地域はつながっており、通所施設や短期入所などから自宅に戻ることを想定したケアを行う必要があると指摘。身の回りのすべての世話をするのではなく、できることは本人に任せることが重要だと強調した。


【関連記事】
都内の認知症GHの7割が入居率90%以上―東社協調査
相談窓口によって制度の説明に差―東京都が若年性認知症で調査
孤立する高齢者、地域でどうケアする?
認知症の人のケアは「その人の人生を振り返って」
認知症GH、大都市部などで3ユニットまで可能に―厚労省通知

<彬子さま>皇族2人目の博士号を取得(毎日新聞)
デモ参加者に催涙スプレー 容疑の高3「かっとなった」(産経新聞)
同盟深化、年内に結論=日米安保「不可欠」−改定50年で首相が談話(時事通信)
稲嶺氏当選「日米関係にさらなる緊張」…米紙論評(読売新聞)
石川容疑者「党の代表選を意識」 虚偽記載の動機供述(産経新聞)

-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。