So-net無料ブログ作成
検索選択

保険外併用療養など「早急な結論は危険」―枝野行政刷新相(医療介護CBニュース)

 枝野幸男行政刷新担当相は2月11日に東京都内で開かれた「医療政策サミット2010」で講演し、政府の規制改革会議が「早急に規制改革に取り組むべき重要な課題」として提言していた「保険外併用療養の在り方の見直し」と「レセプト等の電子情報の利活用の促進と直接審査など保険者機能の強化」について、「早急に結論を出すのは危ないと思う」と述べた。

 講演で枝野担当相は、大幅に予算を組み替え、医療や介護年金子育て資金を回していくことが政権の重要なミッションの一つと強調。その一方で、「保険外併用療養」と「レセプト等の電子情報の利活用の促進と直接審査など保険者機能の強化」については、「導入した場合、現場にどんな影響を与えるのか、相当丁寧な分析をする必要がある」と指摘した。


【関連記事】
医療を取り巻く諸問題で討論―「医療政策サミット2010」
【中医協】レセプト並み明細書の義務化拡大を了承
【中医協】先進医療12技術の保険導入を了承
混合診療解禁に「断固として反対」−日医が見解
「保険外併用療養」の在り方見直しなどを緊急課題に―規制改革会議が提言

民主党政権初の診療報酬改定、病院重視の政務三役に医系議員が巻き返し(産経新聞)
「創生日本」が発足=真・保守政策研を改称−安倍元首相ら(時事通信)
松江で住宅火災 2人の遺体、親子か(産経新聞)
足利事件再審、検察側が菅家さんに無罪論告(読売新聞)
<石川議員>決断迫られる首相 民主は処分に消極的(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。